不労所得ですが何か?

なんでも、思った事かきます。

お久しぶりです。

 

しばらくお休みしてました。

 

クラブスパークル  

本当に素晴らしい会社です。

会長も「人を助けなさい」という信念をお持ちの方で、素晴らしい方です。

 

アメリカのどこかの島を所有してるとか、、笑

桁違いに凄すぎます^ ^

 

そして、トゥルーライフコインは、第2のビットコインです。

他のアルトコインは、一度ビットコインに変えないとダメなんですが、

TLCは、すぐに現金に変えられます。

 

そして、値が上がった時に、かなりの税金を払わなくても済むように節税対策もバッチリです。

 

あの1日の売り上げが何億もあるアリババとも提携していて、そこで使用実績を作り、実績ができ次第公開されます。

 

 

 

ここまでしっかりとインフラを整えてもらって値が上がらない訳ありません。

ビットコインは、なんのインフラもないまま70万近くまで上がりました。

 

しかし。

こんなに素晴らしいものでも、この素晴らしさを誰かに分かってもらわなくてはビジネスになりません。

 

ここが難しいところ。

たった2人。2人に伝えることさえできれば、、、、。

 

はっきり申し上げて、私から買って頂けたら正直私とそのアップの人に収入が入ります。

 

でも、あなたも誰かを紹介したら同じように自分の収入になります。

 

お互いwin winの関係になっていきます。

 

私と一緒に挑戦しませんか?

少なくとも3年先には、素晴らしい未来が待ってると思います。

 

https://system.clubsparkle.com/JP13585301

 

日本のネットビジネスは別だけど、海外発のビジネスで、
日本が最初で、そこから下(ダウン)が海外って。笑

どんだけ凄い事になるかわかってんのかなー😋💰

 

言える事は、早くしないと買いたくても買えなくなるという事ですよねww

f:id:knkmgm0015:20171016214613j:imagef:id:knkmgm0015:20171016214625j:image

クラブ・スパークルは日本が世界で一番最初にオープンする国です。

 

すなわち、日本から世界に向けて事業展開して行きます。日本➡︎タイ➡︎台湾➡︎韓国、アジアの順番で展開します。
既にTLCの注文書はアジア各国語Vrが用意されています。
  そうです!あなたは、世界のトップリーダーなのです。

 

DCM(ダイレクト・コネクト・マーケティング)システムとは??

 

日米で特許出願中であり、世界初のビジネススタイルです。
  会社が世界の優良企業と事業提携を結び、その特許使用料および、売上げの55%を我々会員に分配するという夢のようなシステムです。

 

TLC(トゥルー・ライフ・コイン)暗号通貨は、現在未だ上場しておりません。
  TLCの価格を現在の125円から5倍の価値を付けてから上場予定です。

 

  暗号通貨の価値は上場までの道のりで決まると言われています。

 

  TLCデビットカードが発行され、あのアリババと提携してオンラインショップが開始されます。


そこで商品の決算手段としてTLCを流通して行き使用実績を作ります。

  そして発行枚数がその暗号通貨の将来を決めると言われています。


  2015年11月に発行されたTLCは同年12月には既に100万枚分のパッケージが購入されました。

上場までの必要発行枚数は既に達成されています。


なお全体の発行枚数は、Sparkle のVIP会員限定で5億枚、上場後の一般解放が 5億枚で合計10億枚限定です。
  
  現在はクラブ・スパークルのVIP会員のみがTLCを購入できますので、TLCパック+登録料3,240円税込みでVIP会員登録及び購入が可能です。
  


こんなに成功する道を作って頂いて、成功しない訳ありません。

ビットコインは、なんのインフラもないまま40万以上の価格に跳ね上がりましたね。

皆さん、一緒に成功の道を歩きましょう!!

私も一歩踏み出すのにかなり勇気がいりました。
でも、このままずっと何も自分で行動を起こさないで、死ぬのは嫌だと思いました。

命まで取られる訳じゃない。

これからの人生素晴らしい人生にしませんか!

連絡おまちしております。

f:id:knkmgm0015:20170913191907j:imagef:id:knkmgm0015:20170913191918j:image

登録して一週間の金額です。

 

暗号通貨TLCは、10年に一度というレベルではなく2度と来ないチャンスなので絶対に逃さないで下さい!

 

TLCブロックチェーンプログラムはビットコインよりも2世代バージョンアップ(認証方式はPOSです)した最新次世代プログラムです。
しかも単独のメインブロックチェーンプログラムです。

プログラミングにより上場までに5倍の価値を想定しております。

すでにマイニングもスタートしています。


年内に国際カードが発行予定(ユニオンペイと提携)ドル、円、などの現地通貨に換金可能、世界中で決済可能です。

ビットコインとも交換できます。

 

暗号通貨に精通、権威ある銀座の国際弁護士の方がTrue Life Coinの正式なアドバイザーに決定。
今後、弁護士による説明会も開催します。
暗号通貨TLCが、第2のビットコインの最有力だとお墨付きを頂いております。

 

 

mixiからFacebook、ガラゲーからスマホに変わっていったようにお金の持ち方もこれからは確実にデジタルへと変わっていきます。

 

安値で所有して億万長者!!


というよりも、紙幣の価値が失われることや、自分の職がなくなることに対して必要性を感じるべきだと思います。

 

もちろん安値で所有して億万長者になるのもありです。

逆に、
投資もしない。
ビジネスもしていない。
個人で稼ぐ力もない。
収入源は働いている会社だけ…。

どんどん右肩下がりの人生になります。

 

働いてる会社がなくなった時、どうするんですか??

 

何年経っても時間もお金もない会社員の友達がいますが、厳しく言えば一生お金も時間もないです。

 

会社で働いてお金持ちになる事は、ほぼ不可能です。

公務員や銀行員ですら危ない時代に変わっていきます。

財政破綻になった時、預金封鎖ハイパーインフレになった時、必ず痛い目に合います。

 

時代は電子通貨の時代になりつつあります。

 

関係者は既に大量に暗号通貨を所有しました。

 

あとは価値が上がるのを待つだけです。

 

 

いよいよ、海外流通も本格化してきました。
韓国、台湾、中国、インドネシア、さらにインドへ。
もう止まりません!!

他のどの暗号通貨よりも世界に流通します。


すでにビットコインの流通数を越えています。

中央銀行に管理されない真の自由通貨(世界共通通貨)に必ずなります。

 

そして世界を救う鍵になります。


暗号通貨時代は猛スピードで突進しています。


まだ、間に合います!

このビッグチャンスを逃さないでください。

f:id:knkmgm0015:20170908195049j:imagef:id:knkmgm0015:20170908195034j:image

なぜ、日本で普及しないのかな。

 


日本では正直、仮想通貨(暗号通貨)が
普及しているとは言えない状況ですよね。

では、なぜ日本で仮想通貨(暗号通貨)が
普及しないんでしょうか?

 

それには3つ理由があります。

 

1つ目は、必要性を感じないからです。

これは、前回の記事
「なぜ仮想通貨(暗号通貨)が必要?
普通のお金でいいじゃない?」
で書いたとおりです。

外国とは違い、日本では銀行間の送金では
手数料も安いし、手続き完了まで早いので、
不便を感じないし、

そもそも海外に送金する人自体少ないので
必要性を感じないんですね。

 

2つ目は、日本人の精神性から
受け入れられていないというのがあります。

「何だかわからないから、
それって怪しいんじゃないの?」

という日本人特有の精神性から
受け入れにくい状況なんだと思います。

でも、こういう方も日本人には
沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか?

「よくわからないから詳しく調べてみよう!
怪しいのかそうでないのか、
よく調べた上で判断しよう。」

こういう方は、チャンスをものにする
精神を持った方です。

 

そして
3つ目が、
マウントゴックス社の破たんです。

マウントゴックス社は、
日本で最初に出来た、仮想通貨(暗号通貨)の
大きな取引所の一つです。

「やっぱり仮想通貨(暗号通貨)って
怪しいじゃないか!」

とか、

「マウントゴックスが扱っている
ビットコインってやっぱり駄目だったんだ!」

という風に感じた人がかなりいたと思います。

 

ちなみにビットコインというのは、
仮想通貨(暗号通貨)の一つです。

ビットコイン=仮想通貨(暗号通貨)
ではありません。

 

ここでよく考えてみてほしいのですが、
なぜ仮想通貨(暗号通貨)が
今も普及し続けているのでしょうか?

 

マウントゴックス社は確かに破たんしましたが、
取引所の一つに過ぎません。

 

たくさんある取引所の一つである
会社の経営陣が悪い事をして逮捕され、
会社がつぶれたんです。

 

扱っている仮想通貨(暗号通貨)自体に
問題があったのではありません。

わかりやすく説明しますね。

 

海外旅行に行ったことがある方なら
容易に想像ができると思いますが、

空港にお金の両替所がいくつもありますよね。

アメリカに行ったら、日本円を米ドルに両替する
あの両替所です。

 

あの両替所、経営している会社が違いますよね。

この両替所は○○銀行がやっていて、
こっちの両替所は○○という企業がやっている。
という具合です。

 

そのうちの一つが、経営陣のミスなどにより
破たんしたとしましょう。

それって、その両替所の経営陣が悪いだけで、
円やドル、ユーロという扱っていたお金に
問題は無いですよね。

 

それと同じように、仮想通貨(暗号通貨)も
取引所がいくつもあるわけです。

 

そのうちの一つであるマウントゴックスという
会社が破たんしただけなんですね。

 

仮想通貨(暗号通貨)自体は他の取引所で、
今でも普通に取引されているんです。


ですが、日本人の精神性もあり、
マスコミがさらにあおるように報道するので、

仮想通貨(暗号通貨)=怪しい

という風潮になってしまったんだと思います。


でも、


実は日本で仮想通貨(暗号通貨)を受け入れる
土壌はすでに出来上がっているのを
ご存知でしょうか?


簡単に言うと、仮想通貨(暗号通貨)に
似たものがすでに普及しているんです。


そして、あなたもご存知だと思いますし、
あなたも使っているかもしれないものです。

 

つづく

なぜ仮想通貨(暗号通貨)が必要?普通のお金でいいじゃない?

なぜ仮想通貨(暗号通貨)が
できたのでしょうか?

 

「何で仮想通貨(暗号通貨)が必要なの?
別に普通のお金だけでいいじゃない?」

 

 

私もそう思っていましたが、
必要な人がいるから作られ、
広まってきたんですね。

では、なぜ仮想通貨(暗号通貨)が
必要なのでしょうか?

 

それは、ズバリ送金の手段です。

詳しく説明しますね。

日本を例にした時を考えてみると、

誰かの口座にお金を送金する時、
平日なら即日か翌日、

手数料も数百円で
相手の口座に入金されます。

別に不便じゃないですよね?

 

でもこれがアメリカの場合
どうでしょうか?

アメリカ国内の銀行間のお金の送金は、
3日~5日かかります。

しかも1回の送金で、
数千円もかかるんです。

デカいですよね。

 

もっと例を出しましょう。
フィリピンの場合どうだと思いますか?

フィリピンでは、銀行口座を持っている人は、
全人口の30%くらいだそうです。

じゃあどうやってお金を振り込むんだよ!
と思いますよね?

私は学生時代、埼玉の大宮パレスホテル
というところでアルバイトをしていました。
もう20年以上前の話です。

 

そこにはフィリピン人がたくさん
働いていたんですね。

彼らに聞いた話だとウエスタンユニオンなど
の代行サービスを利用しているらしいです。

調べると現在では、5万円送金するのに
手数料が2千円ですね。

彼らにとってはとても大きい額ですよ。

 

でも、

これらの手数料がタダだったら
良いと思いませんか?

日本人にはあまりピンと来ないですよね?

でも、外国人にとっては
「ものすごい良いものが出来た!」
と思ったでしょう。

 

 

それを可能にしたのが、
仮想通貨(暗号通貨)なんです。

だって仮想通貨(暗号通貨)って
スマホがあれば、海外にお金を
一瞬に送れちゃうんですよ。

 

口座を持っていない人が多いフィリピンでも、
スマートフォン保有率は、
何と108%なんだそうです。

ほとんどの人がスマホを持っているんです。


ならこっちがいいじゃない!
ということで必要性を感じる人が
どんどん増えるだろう・・・

というのが目に見えてわかっているので、
世界中の投資家たちが安いうちに
お金を仮想通貨(暗号通貨)に両替して持っている。

とう状況になったということなんです。

これがどんどん広まって仮想通貨(暗号通貨)で
買い物や支払いができる店などが増え、
今のように世界中に広まったという訳なんです。


「でも日本じゃそれ程普及してないんじゃない?
日本じゃ関係ないでしょ!?」


私もそう思ってましたが、
それにはちゃんとした理由があるんです。

 

続く

残暑きびしいね。

まいどゴンタです。

 

夏になにも買わなかったので、

今頃買い物欲求爆発してしまいました笑。

 

 

さて。

暗号通貨ですが。

 

これ、私に紹介してくれた人。

紹介してくれたにもかかわらず、全然推してこないんですよ。

 

普通さ、会員になってくれそうな人には、推すよね!

だって、バイナリーだし、会員になってくれれば、自分にも報酬はいるし。

 

なに?その余裕は?

私入らなくてもいいの?!

 

うーん、、興味あれば紹介するけど、無理強いはしない。

 

なんで?

 

だってお金かかるし、

でも、間違いなくこれは、あがる暗号通貨だけどね。

だってビットコインを開発したチームがビットコインの悪いとこを改良して作ったから、悪いわけがない。

それに、今すぐではないけど、

東京オリンピックがあるし、それまでには、暗号通貨は、必ずあがる。

外国人は、現金持ち歩かないし、

セキュリティもかかってるし、

決済の時間もビットコインよりもかなり早いし。

 

ふうーん。。。

 

よくわからずに一晩考えましたよ。

 

次の日から、

 

気になり気になり気になり笑。

 

ネットワークビジネスて、だいたい初期費用ん十万かかるけど、

TLCは、そのパックプラス登録料だし、

一番安くて、37500円か、、、、。

 

 

ふーん。

 

まっ。

毎月の買物や、交際費を

ちょっと節約すれば、買えない金額ではないか。

 

つづく。